2018年06月28日

伊豆に蛍狩りに行ってきました!

東京都K様 大人2名子供2名でアトムをご利用頂きました。

6月、もし雨になってもキャンピングカーなら大丈夫ということで、伊豆の自然村キャンプフィールドに蛍を見に行ってきました。金曜日の夜から貸していただけたので、時間がすごく有効に使えました。蛍を楽しめただけでなく、つかみどりした鮎の炭火焼を堪能したり、近くの温泉にふらっと行ってみたり、BBQを楽しんだり。ものすごく楽しい旅になりました!
子どもたちにとっては小腹がすいたときにキッチンで作ったカップラーメンは何より美味しかったし、バンクベッドでのごろ寝は秘密基地みたいでワクワクしちゃって眠れないほどで(すぐ寝てましたけど……)、車のサイドに着いているオーニングを出して外でトランプしたのも最高に楽しかったそうです(笑)。
二人とも「また絶対にキャンピングカーで旅行に行きたい!!」と言っているので、またお世話になると思います。
親にとっても、小さい子供連れの旅行って結構大変なことが多いのですが、キャンピングカーの旅行はすごく楽でした!
トイレもついているので渋滞にはまっても大丈夫でしたし、宿泊の予約がいらないので、天気によって予定を変えることができるのでて、思ってもみない楽しみに遭遇することが出来ました。
ありがとうございました!

ku18_1

ku18_2
posted by リトルティピ at 11:34| お客様の声

2018年06月26日

飛び石は嫌いです

先日、毎年恒例の京都出張にZILで行って来ました。
東名高速に入ってすぐ、追い越し車線を結構なスピードで走っているトラックからの飛び石でフロントガラスに亀裂が入ってしまいました。
こちらは左車線を70キロ程で走行中です。
普段の貸出し受付の際には、お客様に左車線をゆっくりと車間距離をとって走行して下さいとご案内しており、ここ5年程は飛び石被害は一度もありませんでした。
自分自身でも初めてのことです。
運が悪かったとしか言いようがありません。
しばらく走行しましたが、どうも少しずつ亀裂が伸びている様ですので、保険会社のロードサービスに連絡を取りました。
しかし、
「それはレッカー移動ですね」
「京都まで仕事で行くのでレッカーは困るんですけど」
「こちらではレッカーの手配しか出来ません」
なんとも冷たい感じ。
これでは、お客様がご利用中でも困るなぁと感じました。

今ではフロントガラスの飛び石リペアは自分でも出来るキットが売っている時代ですので、修理のプロに見てもらえば、応急処置でなんとかなる様な気がしておりました。

そこで、今度はJAFに連絡をする事に…。
「フロントガラスの修理となると、やはりレッカー移動が必要と思われますが、状況だけでも確認したいので、直ぐ作業員を向かわせます。」
JAFの車は予定よりも早く到着。
作業員の方はとても感じ良く、自分自身も同様の経験がある事、そして問題無く旅を続けられたとのお話をしてくれました。
「フロントガラスは合わせガラスになっていて間にフィルムが入っている為、亀裂は広がる可能性はありますが、割れ落ちてしまう事はありません。一応透明なテープを貼っておきますね。」
神対応に感激しつつ、JAFに入っていて良かったと思いました。

JAFの方のお話通り、亀裂は少し伸びましたが、無事帰って来る事が出来ました。
9C7F48E3-1424-44EE-AE2A-B52F1A802DFE.jpeg



posted by リトルティピ at 18:45| 日記

2018年06月11日

アラモスベンド再び!群馬県2泊3日

東京都N様 大人2名子供1名でアラモスペンドをご利用いただきました。

今回は、3回目のレンタルで、1回目に利用したアラモスベンドを再び借りました。

アラモスベンドに再会した息子が「パパ、このキャンピングカー、前にも乗ったよね!」と、荷物の運搬も忘れバンクベッドを占領してました(笑)

金曜の夜から群馬県の神流町と赤城に向かい、神流町では化石の発掘体験、赤城では赤城山オートキャンプ場に宿泊し、醍醐味のバーベキューなど有意義な週末を過ごすことができました。

我が家にとってキャンピングカーとは、別荘のようなものです。しかも、ドアを開ければ目の前に山があったり、水辺があったり、ショッピングモールがあったりと、行きたい場所に行けます。きっと、キャンピングカーのドアは開けた人の気持ちを叶えるどこでもドアなのかもしれません。

これからも、動く別荘で色々な場所に行ってみたいと思いました。

オーナーさん、毎回ありがとうございます。

no18_6_1.jpeg

no18_6_2.jpeg
posted by リトルティピ at 11:40| お客様の声